ホーム > 印鑑 > 特殊印鑑

特殊印鑑

ダイヤルバンク銀行印

ダイヤルバンク銀行印の特長

 

盗難通帳による不正引出し撲滅に向けて

ダイヤル番号で印影が変化!

ダイヤル番号と印面が連結しており、ダイヤルを変えると印面の外周と内周の模様が変化する仕組みとなっています。
つまり、ダイヤル番号にて、印影を変化させることが可能なのです。

万が一、盗難にあっても安心!

まず、ご自分の好きなダイヤル番号の印影で銀行に登録します。銀行で引出す際には登録したダイヤル番号に合わせ、ご使用後はランダムにダイヤル番号を回転させ、印影を変化させておいてください。
こうすることで、万が一盗難にあってもあなたの登録印影=ダイヤル番号はあなた以外の誰にもわかりませんので、大切な預金を不正に引出される危険性が非常に低く、安心です。(副印を廃止している金融機関に限ります。)

万が一、盗難にあっても安心!

ダイヤル番号は外周・内周ともに1~8まであり、印影のパターンは64通りにもなります。

 

盗難通帳による不正引き出しを防止するには

安全生活アドバイザー 佐伯 幸子

銀行に登録されているのは、印鑑ではなく印影です。現在の印鑑は、印面が1つである=固定されているがために、盗難された場合にそのまま使用されてしまいます。
しかし、この「ダイヤルバンク印」ならば印影を変えることができ、しかも自分だけにしか合わせることができない仕組みなので、万が一、盗難にあったとしても大切な預金を不正に引き出される危険性が非常に低く、安心です。

安全経費は必要経費

10年保証付ですから、21,000円という価格も1日に換算するとわずか5円ほど。それで預金の安全、留守中の安心を買えるのですから安いですよね。

 

2006年2月、預金者保護法が施工されましたが…

公認不正検査士 甘粕 潔

盗難・偽造キャッシュカードで預金が不正に引出された場合、預金者お過失割合に応じて、金融機関が被害額を補償することになりました。しかし、盗難通帳と届出印による不正引出しの被害は補償の対象外。つまり預金者にとっては、通帳と届出印が盗まれた場合の損失リスクへの対策が非常に重要になります。どんなに厳重に管理しても空き巣やすりに遭うリスクをゼロにすることはできません。「ダイヤルバンク印」は、万が一の際に犯人による不正引出しを抑制する効果が高く、紛失、盗難への備えとして非常に有効だと思います。

 

現在登録している銀行印からダイヤルバンク印に変更するには…

  1. 現在登録している印鑑と通帳
  2. 新しく登録する印鑑(ダイヤルバンク印)
  3. 免許証などご本人が確認できるものをご用意いただき、銀行にお持ちください。(詳しくは、お取引している金融機関にご確認ください。)

お気軽にお問い合わせください

メールでのお問い合わせ

本店

佐賀市西田代1-2-20
FAX/0952-24-9562

☎0952-26-0013

南部バイパス店

佐賀市光1丁目3-2
FAX/0952-22-3503

☎0952-26-1344

営業本部

佐賀市光1丁目3-2
FAX/0952-22-3503

☎0952-22-1051

このページの先頭へ